薬剤師の派遣の種類など。

⑴医療専門職の派遣
⑵院外処方と院内処方
⑶ドラッグストアや店舗での雇用
☆ホーム

ドラッグストアや店舗での雇用

ドラッグストアでは、すでに店舗内で調剤部門を設けて、場合によってはポイント付与により患者を呼び込むことに成功しているところもあるため、この方針変更に困惑をしてるように見られます。
ドラッグストアであれば、商法を待っている間に買い物ができると言う利便性もありますので、患者側にとってみても依頼するのが楽なのです。医療機関内での調剤を待つとなると、患者数が多ければ多いほど時間が掛かります。
したがって、待たされることにいらいらする場面も出てくることでしょう。

薬剤師からの説明も患者が比較的少ないときであれば、薬の副作用などの説明をしっかりと聞けるというメリットも存在しますから、院内処方でも構わない人もいることでしょう。
ただ、働く薬剤師にとっては、紹介予定派遣業務やってみて、忙しすぎればそこを敬遠する可能性も高くなり、雇用が難しくなることも想定されるところです。