薬剤師の派遣の種類など。

⑴医療専門職の派遣
⑵院外処方と院内処方
⑶ドラッグストアや店舗での雇用
☆ホーム

医療専門職の派遣

薬剤師や看護師、医師といった医療の専門職は、その働き方にも一部制限が課せられています。
正規職員であれば特に問題はありませんが、派遣社員として働くことには制限があり、禁止されているのが実情です。
ただし、一部の例外があり、薬剤師であってもまた他の医療専門職であっても、派遣の種類によっては認められるものが存在しています。



人材不足が顕著

派遣と一口に言っても実際にはいくつかの種類があり、薬剤師を始めとする医療専門職では、紹介予定派遣という形態であれば認められます。
この形態は、最終的には正規職員として雇用しますという前提で働けるもので、労使双方が同意すれば、期間終了後に正規職員として雇用をするものです。

薬剤師は、医療機関に併設して存在する門前薬局やドラッグストア内での調剤薬局部門の開設、大学で4年制から6年制に変更となったりするなど、制度改正なども含めて人材不足が顕著となっています。
したがって、その働き方にも影響が現れてきたりしている状況であり、人材不足から色々な働き方を許容する方向に変化しつつあります。
なお、結婚や妊娠に伴っての退職による人が、その後現場復帰を望む際の体制についても、積極的な導入を行う方向で行動をしてきています。



薬剤師 派遣 求人なら ファーマリンク
ジャパンメディカルブランチ